activity outline Top


2005年07月22日

大阪へ

a0008711_1324139.jpg

先日行った大阪のことを。。ホテルをチェックアウトして、中之島の国立国際美術館へ。18まで開催されていたゴッホ展を見ようと思って出かけたのです・・・が余りに混雑していてあえなく断念。東京で見逃してしまったので、楽しみにしていたのですが混雑加減は東京と一緒でした。でもシーザーペリ.アソシエイト設計の現代美術を竹の生命力になぞらえた外観デザインは、非常にシンボリックで特にエントランスにあるウサギのオブジェは印象的。1969年に千里万博公園に建てられた旧国立国際美術館の老朽化に伴う移転新築したのが、この国立国際美術館。旧館の印象を引き継ぐものが何もないのはちょっと寂しいけど吹田の万博公園から中之島に移転したことで格段に利便性が上がったのは評価に値すると思います。デザインや印象とは関係ないですけど(笑)。。

a0008711_1512692.jpg

a0008711_1514651.jpg

断念した後は仕方なく梅田まで戻り、食事と建物見学かねてヒルトンプラザへ。このビルは建物の目的で言うと汐留のカレッタと似ているのですが、オフィス部分と商業施設に別れていて、奥にあるハービスエント(四季劇場がある)との導線が巧妙に繋げられていています。また地下道も自然光を取り込む工夫がなされていて、自然光とランドスケープのマッチングが非常に良かった。パブリックのサインもローコストで上げている感じだけど工夫されている。テナントリーシングもヒルトンらしくてスーパーブランドのオンパレード・・でした。。


2005年07月09日

Organic cafe & Planet3rdの閉店

今年に入って思い出深いcafeが2つ立て続けて閉店してしまいました。一つは元祖「ゆるカフェ(勝手に命名)」の中目黒のorganic cafe。そしてもう一つがブロードバンドカフェのマスターピースとも言うべき渋谷新南口のPlanet3rd。organic cafeは、東京のクリエイターがこぞって通った名店でしたね。ご飯も美味しいし、今のカフェの流れを最初に作った記念碑的なお店でした。イームズ等ミッドセンチュリーのファニチャーやガジェットで彩られた空間は、居るだけでハッピーになれたものです。個人的には20代に良く通い、ここ数年は少し落ち着いたお店(特に食の指向が変わったことが大きい)にシフトしたこともあって、閉店したのも友人からの話で知りました。せめて最後くらい立ち会えればよかったなと、後悔しています。

もう一つのお店、Planet3rdも週末よく利用したお店で、Barとクラブが複合した展開と、新南口という「穴場立地」と、Macが常備されていてちょっとした時間つぶしにもってこいということが気に入って、開店した当初は殆ど毎日行っていました(笑)。そのころはお客さんも疎らですごく良かったけど、閉店間際は食事時は混雑していて、外人の利用率も高かったから時間を外さないと、Mac席に座れないことも度々ありました。食事はとびきり美味しいカフェ飯・・と言うわけではなかったけれど、店員の接客も良くて居心地が良かった。今やCDのコンピレーションもリリースしたり、全国区になりつつある Planet3rdですけど、元をただせば、渋谷新南口高架下から全てが始まったわけですから何か寂しさを感じます。役目が終わったということなのでしょうかね。。

Page Top
Activity Outline