activity outline Top


2005年08月17日

Fotolog - vol 3: モエレ沼公園

IMG_1787.jpg

Date:
名称 モエレ沼公園 
マスタープラン イサム・ノグチ
設計 アーキテクトファイブ
所在地 北海道札幌市東区 モエレ沼公園1-1
竣工年 2005年
用途 都市公園・ギャラリー
※2002年度のグッドデザイン大賞受賞

モエレ沼公園→http://www.sapporo-park.or.jp/moere/
マスタープランを作製時のイサムノグチのエピソード→こちら

モエレ沼公園(モエレぬまこうえん)は、北海道札幌市東区丘珠町にある都市公園。彫刻家イサム・ノグチの設計で1988年に着工し、2005年7月1日に完成オープン。面積はモエレ沼の水面もあわせて1.89キロ平方メートル。2002年度のグッドデザイン大賞を受賞しています。

IMG_1788.JPG

IMG_1786.jpg

IMG_1791.jpg

IMG_1792.jpg

IMG_1793.jpg

IMG_1795.jpg

IMG_1796.jpg

IMG_1797.jpg

IMG_1798.jpg

IMG_1799.jpg

IMG_1800.jpg

IMG_1801.jpg

IMG_1803.jpg

IMG_1805.jpg

IMG_1806.jpg

IMG_1807.jpg

IMG_1810.jpg

IMG_1811.jpg

IMG_1812.jpg

IMG_1813.jpg

IMG_1813.jpg

IMG_1815.jpg

IMG_1817.jpg

IMG_1818.jpg

IMG_1822.jpg

IMG_1824.jpg

IMG_1825.jpg

IMG_1828.jpg

IMG_1829.jpg

IMG_1831.jpg

IMG_1830.jpg

IMG_1834.jpg

IMG_1836.jpg

IMG_1839.jpg

IMG_1843.jpg

IMG_1841.jpg

IMG_1840.jpg

モエレ沼公園の事を書きます。ご存じの方も多いと思うのですが、彫刻家のイサムノグチが1988年にマスタープラン&コンセプトを手がけ、実施設計はアーキテクトファイブが担当して造成した公園で、構想から完成(2005年7/1)まで17年の月日をかけた公園です。イサムノグチのアースワークの集大成であり、元々がゴミの集積場だった場所を生まれ変わらせた意味でもぜひ行ってみたかった公園でした。場所的には札幌の郊外にあるのですが札幌の中心部からだと地下鉄→バスを乗り継いで40分くらい。公園そのものは人工の山、噴水、プレイグランド、水遊びが出来る池、シンボリックな巨大な彫刻とクラブハウス的に聳えるガラスのピラミッドで構成されています。基本的にはなだらかな起伏に富んでいて、自転車でないと廻りきらない感じです。この公園、所有者は札幌市なので当然入園料は無料。無料でこの内容の公園が札幌にあるのがうらやましいです。

公園の感想は、とにかくすばらしかった。全面芝生があって、冬はソリ遊びが出来る山があって、夏は水遊びが出来る池があって、オールシーズン遊べるように配慮されているところが良いですね。彫刻そのものは点数が少ないですが、公園を一つの彫刻と見なしていて。子供達が遊ぶ環境としては最高だと思います。前衛芸術家が作ったとはいえ、挑戦的な要素(彫刻や造形)が皆無で安心して芸術に触れられる素晴らしい公園だと思います。。

撮影:平澤 太  ※写真の写真の無断転載を禁じます。

イサムノグチの関連書籍
アーキテクトファイブの関連書籍


2005年08月01日

CGソフト「Shade」

ここの所プレゼンが立て込んでいてなかなかblogの更新がままならなくなってしまったのですが、ようやく元の生活に戻れそうです。今回は2案件のプレゼンを先週と今週と立て続けであったのですが、そのうちの1件は久しぶりに自分でパース(CG)を起こしました。ここ数年、役割的に僕自身がパースを描くよりも、外注してしまった方が時間が節約できる事もあって自分で書くのは久しぶりだったのですが、良い機会だと思い愛用しているCGソフト「Shade」を Shade 8 professionalにアップデートしました。プレゼンでアップデートするのはかなり勇気が要ることなんですが、こうでもしないと(新機能を)覚える機会を失いそうなので、思い切って実行。結果は散々だったのですが、Radiosity3は、思ったよりもいい感じでした。

僕のCG歴は、1996年頃からなので約9年くらいのキャリアになりますが、Shadeを本格的に使い始めて6年くらい。その前は ModelShopという当時はワイヤーフレームしか組めないCGソフト(・・と呼べるのかな。笑)でモデリングを行って、Photoshopでテクスチャーを貼り込むような事をやっていました。デジタルなんだけど、色付と素材は手動、陰影や照明も手動(笑)なので、手書きの雰囲気も出るんですね。なのでShadeやstrataやFormzがリリースされて、デモ見たときは大感激したものです。今だと選択肢も増えてリアルなパースは当たり前になっていますよね。

今回プレゼンの資料作って思ったのは、資料の作り方はプロジェクトの規模や範囲によって変わるとしても体裁そのものは、ここ10年変わっていないことです。少なくてもアプリケーションは、変わっていない。9年前はデジタルでやること自体が物珍しがられた部分もあって、内容よりも成果物で仕事が決まってしまう事(余り良い事じゃないけど)も度々ありました。今はありえないでしょうけど。それと同時に、「当たり前だから」故に、内容も体裁もより良いものにしておかないと、直ぐ外されてしまうことです。なのでCGや模型と言った「3次元の表現が可能な成果物」のクオリティには凄く神経を使います。

今回のプレゼンでは、外注する際にお願いしているCGパーサーに2件ともお願いしよう思っていたのですが、1件が精一杯との回答だったので、一度は他のパーサーを捜しつつ結局自分で描きました。本当は自分で描かないでその間に企画書の内容を詰める時間に割きたかったのですが、初めて取り組む人ほどコミュニケーションの疎通で時間を費やしてしまうので時間的な余裕が無かった訳です。デザイナーやアーキテクトは自分で検証できる上でもCGそのものは使えるスキルを持っていた方が良いに決まっているのですが、同時に自分と同等以上の分身も探さないといけないのでしょうね。今回身にしみて感じました。。

Page Top
Activity Outline