activity outline Top


2005年11月12日

書体の事・・・ヒラギノ・フォント

b0024558_8152161.jpg


MacOSXのリリースでデフォルトフォントとなったヒラギノ・フォントについて個人的な想いも込めて書こうと思います。ヒラギノ・フォントとは大日本スクリーンが発売元として書体開発会社・字游工房の創業者であり当時の社長であったタイプフェイスデザイナー・鈴木勉さんによって開発された書体です。

1993年に明朝体が完成し、1996年にゴシック体が誕生します。写植の時代からオンデマンド&オフセット・デジタルプリントへ移行する時期に生まれた書体になるわけですが、開発当時は写研のゴナシリーズ、モリサワの中ゴシック体、新ゴシック体シリーズ、MB101シリーズ、そしてリョービのナウシリーズあたりが全盛であり、大日本スクリーンにとってプリントシェアを伸ばす意味でも書体を自社開発することはメーカーにとって重要なミッションだったわけです。

日本のタイプフェイスデザインの歴史の中で外せない一人でもある鈴木勉さんが写研から独立して初めて作ったフォントでもあるヒラギノですが面白いエピソードがあります。後日、字游工房の社長になる鳥海修さんが「鈴木勉本」で語ったエピソードです。。


・・・「制作したものを、外部の方々に直接会って評価していただいたことがある。褒める人もいたが褒めない人もいた。筆者は「良くない」と言われるとまず不機嫌になり、次に思い当たる節があるとがっかりして「あぁ」とため息が出てしまう癖がある。こんな筆者を見て「これはおまえの書体じゃない。いいか、みんなの書体なんだぞ。良くても悪くてもみんなの責任なんだぞ」と言い、「褒めてるのなんか参考にならない。駄目だと言われることがありがたいんだ」とも言った。市場に対してヒラギノ明朝体を宣伝するに際して、大日本スクリーン製造から「鈴木勉デザインとしたい」との要望が出された。このとき鈴木は頑なに拒んだ。ヒラギノ明朝体は自分一人で作ったのではなく、字游工房のみんなで作ったものだから、出すのなら字游工房の名前を出してほしい、というのが鈴木の考えだった。結局、大日本スクリーン製造が「字游工房デザイン」を受け入れてくれたおかげで、字游工房の今があるのだと思う。鈴木はヒラギノ明朝体を通して、人を育てることに心がけていたと同時に、字游工房を桧舞台に押し上げたような気がする」・・・と。

僕がこの「ヒラギノ」と出会うのが確か1995年でタイプフェイスの書籍の中で、紹介されている記事を見たのが初めてでした。元々建築・商業施設のデザインをメインに活動していたのでDTPの世界の話は疎かった(1993年にMacintosh用PostScriptは既に発売されていた)のですが、見た当初の印象は「なんてスタイリッシュな書体なんだ」と衝撃を覚えたことを昨日のように覚えています。日本語の書体の場合、縦組みか横組みか?はたまた両方かを予め決めてデザインしないといけないのですが、ヒラギノはどちらでもプロポーション良くデザインされていて、良く比較されるモリサワの新ゴシック体よりもスマートだったのですね。後にスリムなプロポーションの書体はあちこちで登場するのですが。

それが月日も経って、MacOSXに搭載されたときの驚きも忘れられません。Mac OS Xの日本語版開発において、表現力豊かで多彩な日本語の文字をコンシューマからパブリッシングプロフェッショナルまでのすべてのユーザーが利用できるようにしたいアップルと、最高の品質と大幅拡張した文字数を持つ日本語フォントを日本のパソコン市場からデスクトップパブリッシングデザイン・製版・印刷市場シェアを上げたい大日本スクリーンの両社の思惑が一致したことで決まった訳ですが日本語はその膨大な文字数がパーソナルコンピューターへの搭載ネックになっていたのですね。拡張文字数の多いプロ品質のフォントをOSにバンドルしたということと、モリサワとの決別を決断したことに、業界では『ヒラギノショック』と呼ばれ衝撃が走ったのは余りにも有名で、実際モリサワ社内では寝耳に水で蜂の巣をつついたような騒ぎだったとか。拡張文字数の多い日本語フォントのフルセットを買おうものなら平気で数十万の出費を覚悟しないといけないわけですからね。それがデフォルトでOSにバンドルされたのは計り知れない影響力があるわけです。

自分が愛用しているコンピューターに印象深いフォントがデフォルトで搭載されれば他の日本語フォントを使う理由が無くなるわけです(笑)。冗談ですが僕の事務所ではこのヒラギノゴシック&明朝(パッケージ版)とモトヤappoloを和文タイプのデフォルトとして使っています。個人的にとても思い入れのある書体・・・それがヒラギノ・フォントです。。


2005年11月04日

DESIGNER'S WEEK & 100%DESIGN メイン会場へ

IMG_0037.jpg

IMG_0039.jpg

IMG_0040.jpg

IMG_0046.jpg

TOKYO DESIGNER'S WEEKのメインイベントである、神宮外苑で開催している100% DESIGN TOKYOを見に行ってきました。期間中初めての休日と言うこともあって混雑していましたが、国内外メーカーやデザイナーが介したトレーディングショウと言うこともあって、見るモノも多くて楽しめました。個人的にはファニチャー系の展示よりもガラスを使ったプロダクトを展示していたSUGAHARA、樹脂を結晶のように組み合わせたkoziolの展示が印象に残りました。通常の展示会だと素材とか加工前のマテリアルを紹介するスタンドで賑わいますが、100%DESIGNと言うことで完成されたプロダクトがメインとなっています。大テントの中に小間分かれしたブースを1つ1つ見て廻るのですが、しっかり見て回るのであれば1時間では足りない感じです。

IMG_0048.jpg

IMG_0051.jpg

IMG_0053.jpg

IMG_0038.jpg

IMG_0071.jpg

テントの中には、森田恭通さんがデザインしたDEAN&DELUCAのカフェや松下電工のLEDエバーレッズで装飾されたBar(デザインは乃村工藝社)があったりで、見学途中に一息入れられるのも嬉しい配慮です。今日は午後3時に行ったのですが、当日会場でチケットを購入する場合は30分~1時間程並ぶのを覚悟しないといけないみたいです。僕は招待券で入場したので並ばずに入れましたが、休日の混雑は想像以上です。

IMG_0060.jpg

IMG_0061.jpg

次は神宮外苑のメイン会場に100%DESIGNと併設する形で展示されているコンテナ展の事を。コンテナの出展数は去年に比べて減ったような気がするのですが、コンセプトを前面に押したインスタレーションなどが多く楽しめました。

IMG_0074.jpg

IMG_0075.jpg

IMG_0082.jpg

IMG_0085.jpg

この中で印象に残ったのは日本サムスンのコンテナとKDDIのコンテナ。サムスンは自社主催の産学協同のデザインプロジェクトで取り組んだプロダクトを紹介していて、特に優秀な作品(プロダクト)を展示しています。ユニークでモックのクオリティも高くてお薦めです。KDDIのコンテナは、コンセプターでデザイナーの坂井直樹さんのコンセプト携帯が2点展示。展示されていた携帯電話のデザインもさることながら、人の情感に反応し、持っていて楽しくなるような携帯電話を展示されていたのが印象的でした。

IMG_2273.jpg

IMG_2279.jpg

IMG_2280.jpg

IMG_2281.jpg

IMG_2282.jpg

IMG_2283.jpg

コンテナの使い方やデザインだと伊藤豊雄さんの型押アルミによるかまぼこのようなコンテナや有機LEDでちょっとしたエンターテイメントな空間を創っていた寺岡精工+間宮良彦さんのコンテナも良かったです。展示点数は減っても展示内容のクオリティは去年よりも高かったような気がします。。

IMG_2287.jpg

IMG_2291.jpg

IMG_2288.jpg



2005年11月02日

Tokyo Hipsters Club レセプション行ってきました

IMG_2266.jpg

毎年秋の恒例イベントTOKYO DESIGNER'S WEEKが始まりましたね。前にtdwの事を書いた際にも触れましたが、Tom Dixsonが建築から内装、家具デザインしたTokyo Hipsters Clubの完成レセプションに行ってきました。

a0008711_2127991.jpg

TDWと同時開催されているDesignTideのイベントでTom Dixsonを囲んで、tdwのスポンサーになっているボンベイサファイアのカクテルを飲みながらお披露目するシンプルなパーティーです。

余りに混雑していたので、1時間程で退散してきましたが久しぶりに会う同業の友人も何人か居たりして有意義に過ごせました。Tokyo Hipsters Clubの建築概要は、E&Yのウェブサイトに掲載されていまが、RCのシンプルな駆体に鉄骨で梁組し、床を造っていて、将来行うであろうコンバージョンに備えての設計仕様になっています。内装は、「人生を踏み外した貴族」というテーマに沿って造られた感じが出ていてデティールにこだわって造ったと言うよりも、退廃的なテイストでデコラティブな感じです。僕はこういうテイストのインテリアデザインは結構好きなのですが、見る人によっては賛否両論分かれるでしょうね。建築的な条件で仕方なかったかも知れませんがシンプルな箱では無く、パッションを感じる要素が建築としてあっても良かったような気がします。いろんな意味で期待を裏切るデザインかも知れませんね。。

Page Top
Activity Outline