activity outline Top


2006年11月25日

JAPANTEX 2006

100_0518.jpg

仕事の打合せの合間を見て JAPANTEX 2006 (2006年11月22日〜25日)の展示を観に東京ビッグサイトへ行ってきました。主にホームインテリア向けの建材やアイテム(表層材が中心でずが)を一同に集めたのがJAPANTEXです。この手の展示会は建築関連でいくつもあるのですが年に2~3展、観に行っています。JAPANTEXは、ホームインテリア向けでコーディネーター向けの展示なので過去もあまり行っていなかったのですが、今回久しぶりに観に行く事にしました・・・続きは下のmoreで

100_0511.jpg

100_0512.jpg

100_0513.jpg

100_0514.jpg

100_0515.jpg

100_0516.jpg

100_0517.jpg

100_0521.jpg

100_0522.jpg

100_0523.jpg

100_0524.jpg

100_0525.jpg

100_0526.jpg

表層系の新作建材はJAPANSHOP 2006で既に発表されているものが多かったのですが、それでもいくつかの収穫はありました。個人的には木版シルクスクリーンでイージオーダーできる壁紙と金箔が面白かったです。後は既成の家具とかもいくつかの新作は興味をそそるものもあったりしたので資料をその場で請求したりしました。大手メーカーの新作は担当の営業の方が事務所に持って来てくれる事が多いので、展示会に観に行かなくても情報は入手できるのですが、ちょっと変わったものは脚を運ばないとだめですね。。


2006年11月23日

Maxray+Traxson+Swarovski Lighting Exnibition

100_0507.jpg

日本の照明メーカーであるMaxrayとドイツのLEDメーカーであるTraxson(トラクソン)、そしてカットクリスタルのSwarovski(スワロフスキー)がコラボレートして発表した新作のインスタレーションとレセプションに行ってきました。このインスタレーションはMaxrayがディストリビュートし、TraxsonのLEDとSwarovskiのクリスタルを使ってデザインした照明器具を開発し、その器具を中心にMaxrayの新作器具と並べて展示したものです・・・続きは下のmoreで

100_0508.jpg

100_0510.jpg

Maxrayは日本の照明メーカーの中では意匠モノの器具に力を入れているメーカーだと思うのですが、コロボレートした器具の中では 「Crystal Boogie」が良かったです。これはミニハロゲンのダウンライトにボール状にカットされたクリスタルが一点吊りでつるされたシンプルなライトですが非常に綺麗。インタラクションプロジェクターも面白かったのですが、LEDのスポットライトの新作が気になりました。照明ほど時代の移り変わりが見えるプロダクトは他に無いように思うのですが、今回のインスタレーションは「今」を感じる内容だったと思います。。

All Picture: Futoshi Hirasawa
Creative Commons Some rights reserved.


2006年11月19日

Cocongo

100_0489JPG.jpg

100_0487JPG.jpg
Picture: Futoshi Hirasawa
Creative Commons Some rights reserved.

弊所で設計を進めている美容室、cottonのオーナー江森さんと新しいお店を作る為にデザインソースを集めているのですが、その一環で神宮前のとあるCafeに行ってきました。Cocongo という名前のcafeです。後で調べてなるほどと思ったのは去年閉店されているEATSの姉妹店で場所もほど近いところにあります。Cafe好きな方ならご存知の方も多いかもしれませんね。このお店の内装はとにかく面白いのです。雑多な感じで計算して創られたというよりも感覚的に編集されている感じで、さながらオーガニックモダンといったところでしょうか・・・続きは下のmoreで

お店を創る場合、ある程度の一貫性みたいなものを持たせるのは常なんですけどそういうロジカル部分を抜きで「よければ何でもOK」といった感じカフェです。でもこれが程よくて居心地はかなりいい。お店の裏にあるランドスケープ(これもオーナーが手入れして育てたそうですが)これが非常に良かった。居心地の70%はこのランドスケープが貢献しているような気がします。僕はドリンクのみで食事はしなかったのですが、カレーを摂った江森さん曰く「辛かったけど旨かったよ」とのこと。確かに美味しそうでした。

こういうお店はオーナーの思い入れが無いと絶対つくれない。繊細なニュアンスは観よう見真似で出来ないと思います。僕らは参考なのでニュアンス的な部分を観察してきたのですが、手入れされたような空間を創ろうと思っているので非常に参考になりました。cafeとしても面白いお店なのでお薦めですよ。。

Cocongo
住所/東京都渋谷区神宮前2-31-9
TEL&FAX/03-3475-8980
営業時間/ 12:00~22:00
定休日/不定休


2006年11月08日

Enzo Mari (Product + Furniture Designer 1932-)

Enzo Mari è nato a Trieste il 26 giugno 1939, dove vive e lavora. Si è diplomato in decorazione pittorica all'Istituto Statale d'Arte. Ha frequentato i corsi d'incisione di Carlo Pacifico ed i corsi di pittura di Alice Psacaropulo. Insegnante di educazione artistica e sportivo (portiere della Nazionale di hockey a rotelle) Enzo Mari è stato fra i fondatori del Cenacolo Artistico Giovanile e fa parte del "Gruppo &" assieme a Mario Bessarione ed Adriano Stok. E' stato tra i vincitori del concorso nazionale per l'inserimento di opere d'arte nel nuovo stadio comunale Nereo Rocco di Trieste, in due differenti classi di concorso.

Enzo Mari è partito da una pittura di tipo materico - informale, avente come tema l'ambiente carsico. E' inventore di un particolare tipo di frottage pittorico che gli consente di rendere sul piano la tridimensionalità. Ha applicato tale tecnica al tema ecologico della cartaccia, a quello organico della pelle, a quello testimoniale della Sindone, per approdare infine alla tematica degli stendardi, dove si visualizza in modo spettacolare ed inconsueto il tema della memoria storica.

HIDA OMOTESANDO

English →more


Born in Novara, Italy in 1932, he studied classics and literature at the Academia di Brera in Milan from 1952 to 1956. As a student, Mari supported himself by working as a visual artist and freelance researcher. In a period when Italian design was flourishing as enlightened industrialists collaborated closely with designers to rebuild their businesses, he also became interested in design and painstakingly taught himself about it.

Mari’s approach to design was predominantly theoretical. He was more concerned with its role in contemporary culture and relationship with the user than with becoming a design practitioner. After graduating in 1956 he opened a studio in Milan to continue his studies of the psychology of vision, systems of perception and design methodologies. These studies took physical form when Mari created three-dimensional models of linear elements and planes. Forced to earn a living, Mari made contact with the Italian plastic products manufacturer Danese and agreed to develop a series of mass-manufactured products.

His first project for Danese was 16 Animali, or 16 Animals, launched in 1957. It was a wooden puzzle to which Mari applied his theories of problem-solving to create a group of simply carved animal shapes – including a hippo, snake, giraffe and camel – that join together to form a rectangle. The puzzle marked the start of a long collaboration between Mari and Danese, which continued at the turn of the 1960s with the development of containers and vases. Mari was determined to develop these products for mass production without compromising his belief that the outcome of each design project should be beautiful to look at and feel, while performing its function efficiently. Describing his philosophy as one of “rational design”, he defined his work as being “elaborated or constructed in a way that corresponds entirely to the purpose or function”.

Mari continued his experimental work in other areas of the visual arts notably by founding the Nuova Tendenza group of artists in Milan in 1963. Yet he was equally productive as a designer. In 1962, he began to work with Danese’s signature material – plastic – in a six year-long project to develop a hat stand, umbrella stand and waste bin. By the end of the 1960s, Mari could manipulate plastic so skilfully that, in his hands, it attained a sculptural fluidity. One of his most accomplished plastic products was Vase Model 3087 which Danese put into production in 1969. It was a reversible vase with a central cone to ensure that it functioned equally efficiently as a vase whether standing on its top or bottom. Made from glossy ABS plastic, Model 3087 had such a sensual shape that, to many design critics, it played a decisive role in persuading the public that plastic products need not necessarily be cheap and tacky.

Yet Mari’s interest in design remained predominantly a linguistic analysis of its role as a system of communication. Central to this was his continuing development of puzzles including Il Gioco dell Favole – The Fable Game – in which twelve pieces slotted together to depict forty-five animals, the sun and the moon. Mari saw this as a means with which people could engage their imagination to invent their own stories with the pieces. He designed the curvily abstract pieces in another puzzle – 44 Valuations – to interlock in to the form of a hammer and sickle, once the symbol of communism and the Soviet Union.

By the 1970s Mari expressed his principles in books: both theoretical, such as 1970’s La Funzione della Ricera Estetica, and visual in his series of pictorial “books without words” including The Apple and the Butterly and The Chicken and the Egg.

While continuing his work as a product designer, he also turned to furniture. In 1971, Mari unveiled the Sof Sof chair for Driade in which a single removable cushion upholstered a simple welded rod frame. Equally ingenious was the 1975-76 Box for Castelli, a self-assembly chair consisting of an injection-moulded polypropylene seat and collapsible tubular metal frame which came apart to fit into a box, just as his puzzles interlocked into a rectangle.

During the 1980s when Italian design was dominated by the flamboyant forms and kitsch colours of the Memphis group’s exuberant take on post-modernism, Mari and his thoughtful rationalism seemed dated. His designs of that decade, such as the perfectly plain Tonietta cast aluminium framed chair for Zanotta unveiled in 1985, looked like a carefully calculated antidote to Memphis. Yet the same rigour and restraint revived interest in Enzo Mari’s work during the 1990s, when once again he was acknowledged as an important influence on contemporary design.

By the early 2000s, as Mari entered his seventies, he won new commissions from Muji, the Japanese home store with a rationalist aesthetic remarkably empathetic to his own, and Gebrüder Thonet in Vienna, which invited him to create a contemporary version of its famous late 19th century bentwood chairs. Meanwhile Danese, the company for which Enzo Mari had begun working less than a year after graduating from the Academia di Brera, produced a limited edition of the first fruit of their collaboration – his 16 Animali wooden puzzle.


外部の恊働者(ブレーン)を選ぶときの基準

最近、恊働者(ブレーン)の問い合わせが多くなってきています。ありがたいのですが諸々の事情(その殆どはマッチング)があってなかなか実を結びません。このサイトで募集を掛けているだけで広く求めている訳ではないのですが、検索エンジンで調べて問い合わせされる方が多いので、今回はその事について書いてみようと思います。

うちの事務所は、主に商業建築の設計や店舗のデザインをメインにしている建築&空間デザイン事務所ですが、取引先の要望に応じてロゴやフライヤー等のグラフィックデザイン、ウェブ等のインターフェイスデザインも手がけます。今のところブレーンが欲しいのは主に建築や空間デザインができる店舗系のデザイナーです。商業建築&商空間のデザイナーほどキャリアに左右されるクリエイターはいないと思うのですが、僕自身がテナント系のショップからアミューズメントやアパレルブランドの建築&空間設計、パブリックの環境設計まで割と色々やってきた事もあって、取引先も業種業態が幅広くあります。最近の仕事では、店舗だと飲食や美容室、建築だと某メーカーのリテールショールーム、CI系のサイン計画から某ディベロッパーの環境まで広さも15坪から800坪強まで様々です。なるべく偏った仕事をしないように心がけた事と何より取引先や紹介者に恵まれたこともあって、事務所の規模から考えると恵まれた仕事が来ているような気がします。→続きは下のmoreで

そういう状況の中で僕がブレーンの方に期待したいのは、まず「一緒に闘えるのかどうか」です。要は「元請け下請けの関係に固守」されてしまうと非常に困るのです。一つの仕事を完成させるビジョンが一致していないと立場の保守に終始し、結局(ブレーンの方に仕事を)お願いしない方が良かったとなりかねないからです。

また設計する、デザインするスキルは相応に無いとまずいですが、「コミュニケーションの能力に長けていて廻りに気配りができる人」でないと難しいと思います。過去にブレーンでお願いした方の中にはこの部分で難がある人がいて、ディレクションするのに非常に困った事があったのですが、その理由のほとんどは「こちらから聞かないとデザインワークの進捗が見えない」とか「これはそっち(弊所サイド)でやってくれるはず」とかデザインの内容以前の問題が多かったからです。チームで動く以上、コミュニケーションをこまめ取らないと良い仕事ができる訳がありません。

あと僕は経験していませんが、同業の先輩からよく聞くのは「出来ると思って依頼したらそのスキルを持ち合わせていなかった」という事。もしかしたら事前のブリーフティングにも問題があったのかもしれませんが、受注したいが為に自身を「過大評価」したのかもしれません。こういう事が無いようにするにためにも、「得意不得意を明快にしてほしい」です。不得意な内容でもこちらが補えれば良い訳ですし、逆もありえますからね。

そんな感じで好き勝手に書いてしまいましたが(笑)、ここまで書いた内容で賛同して頂ける方はぜひご連絡ください。(文:平澤太)


2006年11月07日

法人化の準備がようやく終わりそうです・・ロゴタイプ完成

hiradesignlogo.jpg

来年から使用するロゴタイプが完成しました。いくつかの候補の中で2つに絞り、最終的にはこの丸いバージョンを修正し完成させました。続きは下のmoreで

ロゴタイプは今まで暫定的に使っていた欧文タイプのもの(デザインはdragonsystemの金子龍くん)でしたが、法人化するにあたり会社の名前(商号)が今の商号(平澤太デザイン計画機構)から変わり、法人後の平澤太デザイン計画機構は一商標になるのでこの期にしっかりロゴを完成させて会社の中で棲み分けさせたい目的もありました。このロゴタイプは、パートナーでグラフィックデザイナーがデザイン。タイポグラフィとしても見えてマークとしても認識でき、ちょっと憎めないような雰囲気にデザインに仕上がっていると思います。

法人化の準備もほぼ終わり、来年のスタート時には取引先のみなさまや恊働してくれるパートナーやブレーンの方にお披露目できるかと思います。社名のロゴタイプや名刺、封筒、ポートフォリオからステッカーまでツールのデザインも一新させます。準備期間に時間が掛かってしまいましたが、同じ会社の中に二つのデザイン事務所(建築&空間デザイン事務所とグラフィックデザイン事務所)とプロダクトのチャンネル、将来的には飲食店の運営も視野にいれているためです。取引先のみなさま、恊働してくれるパートナーやブレーンの方々、これからも宜しくお願いいたします。。


2006年11月05日

Design Tide2006メイン会場へ・・

KICX0980.jpg

100_0368.jpg

100_0367.jpg

100%Designの会場を後にし、そのままDesign Tide2006のメイン会場である明治通り沿いのメイン会場へ行きました。主催者の顔ぶれを見るとTokyo designers blockの顔ぶれが見られて、そのマインドをそのまま引き継いでいるのが伝わってきます。どちらかというとDESIGNER'S WEEK が企業やトレーダーの参加が多いのに対して、個人のデザイナーや中小のデザインユニットの参加が多かったTokyo designers blockの跡を引き継いだ感じで、今年も個性的なアーティストやデザイナーの参加が目立ちました・・・続きは下のmoreで

100_0369.jpg

100_0370.jpg

100_0371.jpg

100_0372.jpg

100_0373.jpg

メイン会場は1階と3階に分かれていてアーティストやデザイナーの発表の場として、もしくはプロダクト販売の場として構成されていて、3階の一角にクラブのような会場が出来上がったりしていてなかなか面白かったです。

100_0374.jpg

100_0375.jpg

100_0376.jpg

100_0378.jpg

100_0377.jpg

KICX0965.jpg

KICX0966.jpg

KICX0967.jpg

KICX0968.jpg

KICX0969.jpg

その中でもとても面白かったのは現代美術二等兵。駄美術をテーマにした二人組のアーティストですがこれがとても面白かった。個人的にはコケシアレーにハマりましたがゆるい感じとユーモアがあって良かったですね。会場そのものはチープだけど、作り手の勢いみたいなものは十分感じられます。ビジネスを観点から開催している、Tokyo designers WEEKとは違い、創りたいものをそのまま見せている感があって、面白さで行くならこちらに軍配が上がると思います。。

All Picture: Futoshi Hirasawa
Creative Commons Some rights reserved.

開催期間 : 2006年11月1日(水)〜5日(日)
     (10/31 OPENING PARTY)

会場時間 : OPEN : 10:00 CLOSE : 19:00
     (10/31,11/3のみCLOSE : 21:00)

入場料:500円(5日間共通、メイン会場のみ有効です)

メイン会場: 東京都渋谷区神宮前6-12-20 東洋ビル

エクステンション会場: 青山を中心としたショップ、ギャラリーなど28会場


2006年11月03日

DESIGNER'S WEEK 2007 & 100%DESIGN Tokyo 2007 メイン会場へ

100_0291.jpg

100_0292.jpg

100_0293.jpg

100_0294.jpg


100_0319.jpg

100%DESIGN TokyoとDESIGNER'S WEEK 2007の中心会場である神宮外苑へ行ってきました。開催後はじめての休日初日でここのところの好天にも恵まれてか、とても混雑していました。会場構成は去年とほぼ一緒でしたが、メインのトレーディング会場である大テント、コンテナ展や学生展、J-Waveのサテライトスタジオの他にTokyo Midtownのパビリオン(今日は音楽イベントやトークショーをやっていました)が開設されていたりで充実した内容です。。続きは下のmoreで

100_0295.jpg

100_0297.jpg

100_0298.jpg

100_0299.jpg

100_0301.jpg

100_0302.jpg

100_0303.jpg

100_0306.jpg

100_0307.jpg

100_0308.jpg

100_0314.jpg

100_0316.jpg

100_0317.jpg

100_0318.jpg

100_0320.jpg

100_0322.jpg

100_0331.jpg

コンテナ展で一番面白かったのは寺岡精工のコンテナ。インタラクション型のインスタレーションで、長蛇の列が出来ていました。内容は行ってからのお楽しみですが、ちょっとファンタジーな展示。下の写真で想像してください(笑)。

100_0332.jpg

100_0334.jpg

100_0335.jpg

100_0336.jpg

100_0337.jpg

100_0338.jpg

100_0339.jpg

100_0341.jpg

100_0345.jpg

去年だと産学コラボレートのプロダクトの展示があったり、携帯電話のプロトタイプが発表されたり見るものが多かった気がするのですが、今年はちょっとチープな展示が多くちょっと残念でした。メーカーが出展したコンテナはコンセプチャルで見応えあったのですが・・

100_0346.jpg

100_0349.jpg

100_0350.jpg

100_0351.jpg

100_0353.jpg

100_0355.jpg

100_0362.jpg

テント内のメーカーやクリエイターのエキシビションは、新しいマテリアルの紹介が多く見応えがありました。去年もここで知ったマテリアルを自分の仕事で実際使ったりと収穫が多かったのですが、今年も面白いものに色々出会えたので非常に良かったです。

関連記事:去年の100%DESIGN Tokyoのエントリー記事はこちらで

All Picture: Futoshi Hirasawa
Creative Commons Some rights reserved.


Page Top
Activity Outline