activity outline Top


2007年01月28日

吉祥寺に現調しに行きました

100_0685.jpg

ある案件の設計で吉祥寺に行きました。商業ビルの地階に計画する店舗の設計で、前テナントさんが撤去工事完了に伴って、そのチェックで調査に行った訳です。

俗にいうスケルトン渡し(躯体状態で借りて、店舗を撤退する際は躯体状態で戻す)のビルなのですが、リノベーションする際に全てが確認できるスケルトン渡しが設計的には理想的です。設計する際に躯体条件が確認できる事が最大のメリットな訳ですが、借り手にとっては必要以上にコストを掛ける要因にもなる為、一長一短あります。今回の場合はビル側の条件として設定されている為、仕方が無いのですがビル管理会社さんと前テナントさんの施工会社が復帰工事するにあたり必要復帰箇所をこちらの希望に添うように配慮して頂けたお陰で、意匠に絡む塗装箇所を押さえる事が出来ました。店子と貸主の関係は、本来であれば店子の立場を尊重すべきだと思っていますが、なかなか現状は難しい事が多いです。でも今回のような配慮があることは非常にありがたいなと思いました。

ちなみにこの店舗の設計は基本設計はほぼ終わりコスト調整を経て、2月末にオープンします。クライアントの意向で現時点では公表できませんが、許可が出次第このブログで報告したいなと思っています。。


Picture: Hirasawa Futoshi Design & Planning Organization/. →Creative Commons Some rights reserved.
cclisence.jpg


2007年01月13日

hair salon "cotton"

100_0642.jpg

去年から施工に入っている浦和の美容室cottonですが、年内に土間のコンクリート(仕上げになってきます)が打ち終わり、年明けそうそうに養生して各種設備工事にはいっています。雰囲気としてはプレーンで素朴な感じですが、最近の美容室に散見する”行き過ぎた感”が皆無な意味でも、面白い美容室だと思います。基本的には全てスケルトン(躯体剥き出しの状態)で塗装仕上げなので、設備のダクト、エアコンの冷媒管、照明ダクトをまわす為のレースウェイなど収まり方が非常に重要になってきます。見え方を一つ一つ確認しながら進めているので大変なのですが、これもデザインなので仕方が無いんですね。来週から隔壁とサッシュが入ってくるので、だいぶ姿が見えてきますが付け足す要素よりも不必要なエレメントを削って行く方が何倍も難しいと、改めて実感しています。


2007年01月01日

新年明けましておめでとうございます

PC271594.JPG


 1月1日:全休
 1月2日:全休
 1月3日:全休
 1月4日:全休 

 1月5日:10:00 - 18:00 (仕事始め)
 1月6日:土曜休日
 1月7日:日曜休日
 1月8日:成人の日
 1月9日:10:00 - 18:00

Page Top
Activity Outline