activity outline Top


2007年07月29日

Barブリキ

R0011279.jpg

週末、これから取り組む案件の現地調査に行った帰りにBarブリキに立ち寄ってきました。横浜の浅間下交差点の直ぐ近くにある小さなBarですが、立ち寄った時間が早かったこともあって僕がファーストゲスト(笑)。その後お客さんが次々と入ってきて帰る頃には、ほぼ満席でしたので早い時間にお邪魔して正解でした。去年の8月に設計し始め、11月にオープンしたのですがその後ゆっくりお店で話が出来る機会を失っちゃったんですね。


飲食店の場合は特に最初の半年が一番大変で、客層が落ち着くのに半年から一年ぐらい掛かります。空間を創る際にターゲットを想定する訳ですけどオーナーの北村さん曰く「30代中心で自分の年齢とお店が一緒に歩んで行ける感じが理想」だったので、空間も奇をてらわずオーセンティックで日本の琴線を感じる雰囲気を創ろうということになりました。小さなお店(Bar)だとバーテンダーの立ち位置がとても重要なのですが、その位置を決めるのに結構話し合いをして、検証してデザインしたのが今では懐かしいです。

で、今回お客としてお邪魔した訳ですが当時の想定と異なるのはお客さんの層がバラエティに富んでいて、とても気軽にお店に脚を運んでいる事。横浜でも繁華街よりすこし住宅地よりの立地で好立地とは言えない場所だけに仕事帰りに家の近くで一杯というお客さんを狙っていますが、この場所にわざわざ来て下さる方も多いのに少しびっくりしました。ありがたい事です。Barは、空間の設えも大切ですが、その敷居感を決めるのはもてなす側(バーテンダー)とお客さんのマナーがマッチしている事だと思います。そういうサービスと空間とのバランスが敷居感も含めた、そのバーの評価を決めると思うんですね。北村さんは、その辺よく判っていて非常に居心地のよい空間を創っていました。実際お酒もすすみましたし(笑)。

お近くの方、お酒のお好きな方はぜひ脚を運んでみて下さい。。

Barブリキ・Design-works
Barブリキ
Barブリキ・ブログ
Barブリキ・地図はこちら


2007年07月25日

ビジネスポータルを2つご紹介

hirasawadesign.jpg

先日このサイトの事で、ある会社から連絡を貰いました。サイトの紹介が主な内容だったのですが、既にこのサイトを紹介して頂いているビジネスポータルを2つご紹介します。

平澤太デザイン計画機構ウェブサイトの紹介
:「CMSの構築事例ならCMSナビ」ワンダーウォール社

平澤太デザイン計画機構
:「ビジネスブログ」イーナチュラル社

二つのサイト共に「ブログ」やCMS (コンテンツマネージメントシステム)の事例紹介と研究、それらの実装を行う会社が運営するサイトです。サイト運営者の方から掲載したい旨のお誘いをもらったり、もしくは全く関係なく掲載されたり(笑)と様々なのですが、取り上げてもらえるのはそれなりに「載せる理由」があると思うので素直に嬉しかったりします。以前、このサイトをデザインしてくれた金子龍くんとは全く別のウェブサイト制作事務所の制作事例になぜかこのサイトが紹介されていた事があったのですが、こういうちょっと非常識な一件があると躊躇しますけどね。(ちなみにどうして判ったかというと、たまたまその事務所のサイトを僕の友人が見つけて教えてくれたのです)

基本的には、モラルを持った掲載や商会はウェルカムですので(笑)お気軽に声をかけて下さい。。


2007年07月23日

Ricoh GX100 Gallery -Scenery of Tokyo2-

R0011008.JPG
Puddle Akabane-Tokyo.

R0011030.JPG
Untitled. Okachimachi-Tokyo

R0010927_2.JPG
Evening glow of building. Akihabara-Tokyo

R0011155_2.JPG
Early morning Ikebukuro station. And the crow whose vigor is good.

R0010613.JPG
Rusted post. It is still used.

R0011128.JPG
Untitled. Kasai-Tokyo


普段取り組んでいる仕事での創作とは別に、自主制作的な事として照明器具のデザイン(と制作)と写真に取り組んでいるのですが、写真はデジタル、銀塩問わず気が向いた方で(笑)被写体も限定せずに色々撮りためています。もう少し腕が上がれば、フォトコンテストにでも応募しようかと本気で思ったりもしているのですが(笑)、自分の中で気に入っている写真を幾つかピックアップしてみました。僕持っているカメラでスクエアーフォーマットで撮影できるのはRicoh GX100 だけなのですが、スクエアーは本当に面白い。正方形の構図は4:3のフォーマットよりも情報が限定される訳ですから、自ずと切り取る方向に目が向きます。撮影する時間を別に確保する事がなかなか出来ないので、普段持ち歩いてちょっとした風景を撮る事から初めていますが、このGX100での1:1が今のところ一番のお気に入りです。。



2007年07月22日

Ricoh GX100 Gallery -Scenery of Tokyo1-

R0011176_2.JPG
Japanese restaurant - KIKUYA - Nihonbashi-Ningyocho.

R0011175_2.JPG
Japanese restaurant street- Nihonbashi-Ningyocho.

R0011185.JPG
Ginnan-Hachimangu shrine- Nihonbashi-Kakigaracho.


The photograph which was photographed in Nihonbashi-Ningyocho.
It is many an old established store.
And you can see "Traditional-Japanese design".
The scenery like this photograph is many in the vicinity of my work place..



2007年07月20日

グラフィックデザイナーと一緒に・・・


R0011145.jpg

東京に出張中のcosyくん事、佐藤浩二くんと彼の新しいブレーンでグラフィックデザイナーの池上直樹さん、それにうちの悠乃ちゃんと僕の4人でMTGと食事を兼ねて「としません」に行ってきました。来週からスタートする案件での打ち合わせを兼ねたものでしたが、cosyくんとは4ヶ月ぶりでしたので打合せ終わった後も痛飲(笑)。結局2時過ぎまで飲んでいました、平日なのに(笑)・・・

R0011138.jpg

彼のレギュラーワークの一つで毎年7月と12月のボーナスシーズンに乗って(笑)東京にやってくるcosyくんですが、今回は案件の打ち合わせと池上さんとの顔合わせを兼ね合わせて色々意見交換。最近の仕事を見せてもらったり、僕が考えている事を二人に聞いてもらったりで、色々充実した話が出来ました。仕事の話が中心ですが、お互い写真が好きなので写真やカメラの話や雑誌の事などくつろげて話が出来た感じです。池上さんも初対面ですがベロタクシーのグラフィック(これは後ほどこのサイトのワークスページでご紹介します)などセンシティブでユーモアあふれる仕事をしていて面白かった。グラフィックデザイナーの仕事は多種多彩というか、世の中いろんなクリエイティブがあるんだなと、改めて実感しました。


2007年07月16日

名刺


R0011118.jpg


僕が独立してから、今まで名刺のデザインを12回変えてきました。大抵は200枚刷るので2400枚作った計算になるのですが、その中で昨今使っているのが写真の名刺です。左上の名刺は去年まで使っていたもので、左下は未だ籍を残している親友のデザイン事務所の名刺(国外)。右2枚は、今使っているうちの事務所の名刺です。デザインしている人も違ければ、印刷方法もバラバラ(笑)。去年使っていた名刺はオンデマンドで、親友のデザイン事務所&一番右の名刺はオフセット印刷、残った右から二つ目の名刺が活版印刷です。

単に名刺が好きで、飽きっぽいのも理由にあるのですが、必要に迫られる度に「ここを直したい」とか「縦か横か?」とか色々悩むんですね。悩む程の事では無いのでしょうが(笑)、結局デザインから作り直したりしています。印刷方法は、近所に良い印刷屋さんを紹介してもらったので、今後はオフセットか活版の何れかに落ち着きそうです。オンデマンドは少数印刷だと安上がりで手頃ですけど、印刷の質感とか用紙のチョイスの点で難がありますよね。活版は、あの型押し感が味を出してくれて良いですね。。ひと昔前に比べたらオフセット印刷もずいぶん手頃になったと思いますが、活版印刷屋さんが激減しているのは悲しい事です。


2007年07月10日

Ricoh GX100 Gallery -Monochrome light and shadow-

R0011082_2.jpg

Monochrome picture of 1:1 format. It is the setting which I like with this camera. It becomes simultaneously study of composition to photograph. For the designer, it is very important to decide composition.

R0011080_2.jpg

Ricoh announces the launch of its new Caplio GX100 digital camera. The Caplio GX100 is a superior model that achieves high picture quality thanks to the high-speed F2.5 aperture and high-performance 24 to 72 mm wide zoom lens (35mm film equivalent), 10.01 megapixel CCD, and “Smooth Imaging Engine II” packed into a compact body just 25mm thick - a first in the digital camera category.

An aspect ratio of 3:2 and 1:1 can be selected. New features such as the square mode with a 1:1 aspect ratio and the sepia mode further enhance the range of expression.


2007年07月06日

ある海外の案件で・・

R0010018.jpg


オファーを正式に貰いました。カテゴリー的にはSIとサインデザインなのですが、数社で比較されている中で選ばれたので素直に嬉しいです。(Iさん頑張りますので宜しくお願いします)。結果を受けて、恊働で仕事をする事になる2人のグラフィックデザイナーに早速連絡をいれました。。

一人はcosyくん事、佐藤浩二くん。うちのグラフィック系は殆ど彼が手がけているのですが、以前から彼と一緒に海外の案件をやってみたいと思っていた矢先に飛び込んできたプロジェクトだったので必然と鼻息荒めになります(笑)。最近体を壊してしまったようなのでちょっと心配していたのですが、今日電話で話した感じでは元気そうで良かった。もう一人は、Moya Shefenikov。僕の大学時代の同級生ですが、彼は佐藤くんと異なる作風が必要とされたときの為に声をかけました。続きは下のmoreで・・・


今回のお話は、プロジェクトの規模が大きく、デザインワークの範囲が現時点でFIXしていないこともあって、こういう起用の仕方になってしまったのですが、アートディレクションとサインデザインは僕が担当するので実績があって気心が知れている二人にお願いする事にしたわけです。僕が信頼してグラフィックデザインをお願いできるクリエーターは4人いるのですが、誰にお願いするか決めるときが一番時間を掛けていたりします。デザインの狙い的確に汲み取る判断力と解決能力で言えば恐らくこの4人に関しては差がないと思っていますが、初めておつき合いするクライアントですと実績からくる安心感は非常に重要な要素です。


逆にその為に日頃の仕事(ショップデザインする際のロゴやフライヤーなど)での恊働を大切にしている訳ですが、僕のディレクションは縛りをある程度設ける(その範囲内であればあとはデザイナーに委ねます)やり方なので、このやり方に慣れているという事も大きいかも知れません。個人的にはサインデザインとSIのディレクションは力を入れてきたいジャンルだったので頑張って良い仕事をしたいなと思っています。。

文:平澤 太


2007年07月03日

SIGMA 30mm F1.4

sigma30.jpg

Ricoh CAPLIO GX100という最強のお散歩&仕事用コンパクトデジタルカメラのおかげで出番の少ない一眼デジタルOlympus E-500を何とか生かせないかなと試行錯誤しています。フィルムはフィルムの良さを、デジタルはデジタルの良さが各々あると思うのですが、frickrでE500ユーザーの写真を見ながら明るいレンズを物色してみる事に。で、結局購入したのが上の写真のSIGMA 30mm F1.4です。現時点ではデジタル専用設計でF1.4はこれだけ(のはず)。。続きはしたのmoreで

通常30ミリですと広角寄りのレンズとなりますが、オリンパスEシリーズやパナソニック、ライカの一眼レフはフォーサーズというマウント規格でCCDのサイズが4/3と小さく、対角長が35mm判フィルムの約1/2となってしまうので(これがメリットでありデメリット。後述)30ミリのレンズでもE500に付けてしまうと60ミリのレンズになってしまう訳です。50ミリ前後のレンズが一番潰しがきくという事と、開放F値が1.4と明るいレンズなのでこれにしました。これなら自然な後ろボケが期待できそうですし、横着な僕の場合出先でレンズを交換する事は殆どないでしょうし(笑)、単焦点でもこれだけ明るければ室内撮りでもほぼフラッシュレスで行けます。。


メリットでありデメリットと先程書きましたが、メリットはCCDのサイズが小型化できるのでコストダウンできる事(一眼デジタルはCCDの大きさと値段がほぼ比例)とボディサイズも小型化できること。オリンパスからリリースされている一眼デジタルは皆コンパクトであることからも理解しやすいと思います。逆にデメリットですが、CCDのまで対角長が35mm判フィルムの約1/2ですから、既存のフィルムレンズをコンバーターを介して使う場合、計算上全て2倍強になってしまう事(フィルムレンズ30ミリ→フォーサーズマウントすると60ミリ)。使えなくなる訳ではないですが、フォーサーズそのものがデジタル専用設計を前提としているので、レンズを一から揃える人には関係ないのかも知れませんが僕の場合はもうちょっと考慮した方が良かったかもしれません。フィルムカメラのレンズ資産を考慮すべきでした(笑)。。


フィルムカメラは35ミリならコンパクトであろうと一眼であろうとレンジファインダーであろうと描写力は極論するとレンズだと思いますが、デジタルカメラの場合、レンズとCCDサイズ+処理エンジンのバランスですから選択が難しいですよね。35ミリフィルムカメラと同じサイズのCCDは、現時点でEOS5D1Dしかないので、そういう意味ではまだ過渡期なのかもしれません。団塊世代の方をターゲットにしたモデルや女性向けのモデルなど、比較的安価で高性能のマシンがそろって来た感がありますけど、ボディを単体でレンズは明るめのレンズを別に購入するのがベストだと思います。廻りで所有している人の意見ではCanonEOSシリーズPENTAX-K10Dが良いのかなと個人的には思っています。。

SIGMA 30mm F1.4を手に入れたのでデジタル一眼はしばらくこれで凌ぎ、後は使いこなせるようにひたすら撮るだけですかね。。

SIGMA 30mm F1.4
フォーサーズ
撮像素子の大きさは性能と価格に直結

Page Top
Activity Outline