activity outline Top


2007年11月20日

照明(光源)の検証です

照明FHT蛍光灯の照度検証

先日、弊所で設計担当している案件(エステ&美容室)で使用する照明器具をクライアントに見て頂く為に、中目黒のMaxray(マックスレイ)に行ってきました。弊所で設計担当する建築、空間の照明器具とそのプランニングは、大型プロジェクトの案件を除くと全て、Maxrayにサポートしてもらっています。今回は、機能として照明の明るさ感やお店での作業に支障をきたさないか?を実際の照明器具を見て頂いて、感じをつかんで頂くのが目的です・・・続きは下のmoreで



照明は、雰囲気を演出する演出系の照明や機能として必要とする機能系(特に色を判別しないといけない場合)とプロダクトとして主張する事で空間に彩りを備える意匠系と分かれますが、今回は主に機能面での検証で、髪の毛の質感や色を判別するのに支障がないかどうかを見てもらう為でした。写真はFHTと呼ばれる3波長形蛍光灯の器具。この器具を使う訳ではないのですが、説明上見て頂き違いや特色を理解して頂く為に器具をスタンバイしています。

この空間デザインでは、雰囲気と空間の質感を高める為に色々仕掛けを作っているのですが、唯一機能面でこのFHTを設置しないと難しい(髪の毛の色の判別がつかない)為、この明るい器具を空間の設えとどう整合させるかで意見交換しているのですね。結果的には最もシンプルに、光源そのものを目立たなくした上で、必要な場面でON-OFFさせる方法をとる事になったのですが、やはり実際に光源を見て頂くと事前に言葉で説明していた事が現実として理解でき、納得して頂ける事が多いのです。光は空間設計の中でもっとも重要ですし、その分説明不足でトラブルになる要素をもっています。シビアな照明設定をするケースの場合は、お客さんに照明を見て頂くのがもっとも効果的なのです。。



2007年11月10日

なんとか片付いてきました。

R0011807.jpg

先週末、休日返上で引っ越しした訳ですがようやく片付いてきました。新調したデスクと前の事務所から持ち込んだワイヤーシェルフ以外は殆ど何もなかった(笑)のですが、引っ越し直後にプレゼンが1件控えていたので、プレゼンと進捗案件の作業が出来る最低限の備品で、新しい事務所はスタートしました。今週は発注していた家具が徐々に入ってきてようやく落ち着いてきた感じですが、メーカーさんや業者さんが引越し祝いの挨拶に来てくれたり、友人が来てくれたりするのに家具が来ていない時に来られたりしたので、ラグの上に正座して話したり(笑)準備不足を露呈した感じです・・・続きはmoreで

テクノラティプロフィール

居は気を変えるといいますけど、窓が多く明るい事務所なので陽の良いときは気持ちがいいのです。この陽当たりは、とてもこだわった結果なので満足(笑)。前のエントリーでも書きましたが、今回の事務所はペントハウスのようなビルの最上階なので少しプライベートな雰囲気を出そうと考えていました。具体的には家具のセレクトになりますが、MTGスペースは低座の家具で揃えました。

R0011814.jpg

テーブルはイームズのCTW、ソファーはカリモク60のKチェアにビンテージのサイドシェルチェア(ロッカーベース)、まだ届いていませんがイームズLCWです。あともう一つくらい何か置こうかなと思っていますが、この辺は他の物の納まり次第という事で。低座にしたのは、肘をつき合わせて打合せというよりは、お茶でも飲みながらアイデアを出し合う雰囲気にしたかった為です。ソファーはもう少しサイズの大きい物を選びたかったのですが、この事務所は奥行きに対してワイドがとても狭いので、効率的にレイアウトしようとするとこれしか入らないのです(笑)。消去法的なセレクトですが、昔実家にあったソファーなので何となく懐かしくて、個人的には良かったかなと。

資料を入れるシェルフを買い足したり、マップケースを選ばないといけなかったりで快適になるのに、あと2週間くらい掛かりそうですが、ベースの部分がそろってきてホッとしています。。


2007年11月06日

名刺の準備とかいろいろ

R0011819.jpg

事務所を引っ越しすると色々と用意したりしないといけない物が出てきます。その一つがツール関係(名刺、封筒、ポートフォリオ)ですが、取り急ぎ名刺だけ刷新しました。去年ロゴをデザインした際に併せて創った活版名刺のデザイン(デザインはアトリエ小びんのShihoちゃん)をシンプルリファイして、印刷もオフセットに変更。表に名前+メールアドレス、裏面はロゴサイズをアップし墨で反転したデザインで、用紙もPopset 240g (穏やかなパール感の表面処理によって、見る角度によって感じが違う。イギリス製)に替えました。今回は少し多めに作成してしばらく発注しなくても良いようにと考えてつくった物です。

ポップセットのようなちょっと派手目の用紙に文字だけの表面という構成が面白そうだなと、チャレンジしたのですがスミべたでやってもちょっと変わった風合いになるので、結果的に大満足。活版名刺は取引先に大好評だったんですが、あまりに凝りすぎてしまい追加発注する際に用紙と印刷をアッセンブルしないといけない煩わしさに負け(笑)オフセットに戻したのです。

本当は平行して封筒も作成しようと考えていたのですが、前回1枚あたりのコストを下げる為に大量に(とはいっても1000枚ですが)つくったのが仇となって、結局使ったのは1000枚中200枚弱。見積もりやら請求やら、資料送付で使うだろうと踏んだものの使いきれませんでした。住所が変わってしまったのでそのまま使う訳にもいかず、新たにつくる場合、住所を入れない仕様(今の事務所も3年を目処に引っ越すつもりなので)にするか悩んでいます。1000枚作っても金額的にはたいしたことは無いのですが、大量に余ってしまうともったいなくて、躊躇しちゃうんです。

話は飛びますが、100式さんで紹介されていたSNSから情報を流し込んでくれる名刺作成サービス『Define Profile Cards』 は面白そうですね。。

Page Top
Activity Outline