activity outline Top


2008年05月30日

素材の検討

R0012726.jpg平澤太デザイン計画機構

今進めているある案件のマテリアルの一部です。

素材の検討は、建築&空間デザイナーにとって一番楽しい瞬間だと思うのですが、その中でも色の検討は一番神経を使います。色見本からセレクトした色版を実際に塗装する塗料で実際作ってみて色の検討を行うのですが、これが色見本通り行かない事があるのです。特にエマルジョン系(水性塗料)は、発色に難があって鮮やかな色が出しにくいデメリットがあります。

マットに仕上げたい時は手軽に使えるエマルジョンペイントですが、各メーカー切磋琢磨していて、例えば手あかがつきにくかったり、屋外の使用に耐えれたり、使用場面によって選べます。思えば昔はこんなに選べなかったんですけど(笑)良い時代になったものです。

今回は、下地面が幾つか異なるので、その下地を想定してセレクトしていますが、写真右にあるピンク・・・選んだ色版は赤だったのですが・・・を除けばほぼイメージ通りに出来そうです。これで一回想定のCGを起こし、検証してアジャストするのですが、非常に楽しみです。。


2008年05月26日

新規の案件が重なって・・

R0012721.jpg

先週は、新規の案件のキックオフが重なって動き回っていたのですが、頭の中を整理しながらプランニングする為に週末をつかってデザインワークしていました。土曜日は日本橋の事務所で、日曜日は自宅でやっていたのですがこれがなかなか良かったです。自宅の周辺は公園もあり緑豊かので、カメラとRhodiaとペンをカバンに入れて散歩しながら考えたり、戻ってMacに向かって整理したり、贅沢に時間が使えました。ネガティブに考えると休日出勤同様なんですけど(笑)、こういう休日の使い方もありかなと思っています。閉じこもって仕事できない質ですし・・

R0012469.jpg

幾つかの案件のデザインワークを平行作業で進めているのですが、これに加えて某住宅メーカーの展示設計と駅ビル商業施設の環境デザインを手がけます。レギュレーション&コンプライアンス上完成するまで明かせられないのですが、カテゴリーの異なるジャンルのデザインを同時並行で進めないと行けないので、今週末の様な「頭を整理する時間」がどうしても必要なんですね。与件整理をきっちりしてからでないとデザインが浮かばないのです。

上の写真は、カフェ&Barの案件での現調したときのもの。スケルトンですが、間口が広いので面白い空間が創れそうです。今回のカフェは、クライアントにとって二軒目で一軒目も僕がデザインを担当させてもらった事もあり、スムーズにMTGしています。テーマは「history of Dutch」&「Organic Modern」。来月には施工に入りますが、その前にプレゼンが控えています。評価が楽しみです。。


2008年05月22日

日本橋MTG

昨日は、午後から新しいプロジェクトのロケ先でエージェンシーの方とMTGし、夕方うちの事務所で方山さんと東京に出張中のcosyくんと合流しMTGを兼ねて食事しました。MTGしたのは近所のプラナ・バルカ

R0012714.jpg

R0012715.jpg

cosyくんは、案件の撮影で出張していたのですが、新調したレンズ(SIGMA 10-20mm F4-5.6)で撮影した写真を見せてもらったのですが、これが素晴らしかった。個人的にも最近レンズを購入した事もあって、しばしカメラネタで盛り上がりました。ちなみにcosyくんのこのレンズ、フォーサーズマウントもあるんですね。方山さんもデジタル一眼レフの購入を検討していたり、悠乃ちゃんもカメラ貯金(?)しているようなので、しばらくこの話題は続きそうです・・・続きはmoreで

R0012716.jpg

R0012717.jpg

MTGといっても具体的な仕事の話よりも割と最近思った事とかを雑談する・・ただの飲み会といえばそうなんですが(笑)、スタジオにこもって黙々とやるだけだとやっぱり息が詰まってしまうと思うのです。今日は天気もよかったですし、いい気分転換にもなります。出張続きだった方山さんの話やこれからcosyくんに手伝ってもらう案件のことなど、cosyくんは帰りの時間ぎりぎりまで飲んでいました(笑)。彼と入れ替わりで、登場したのが桑原くん。予定していなかったのですがたまたま僕の所に電話してきたのが運の尽きで、今度は桑原くんの近況話で盛り上がり、結局遅くまで飲んでいました(笑)。彼も方山さんも近所で仕事をしているので、こういうアドリブが効くのは良いですね。


2008年05月18日

錦糸町 北斎茶房

北斎茶房

北斎茶房

先日錦糸町の北斎茶房に行ってきました。
このお店は、たまたま雑誌で知って比較的事務所から近い事もあって、仕事を終らせてからスタッフの悠乃ちゃんとアソシエイトでCMSデザイナーの林くん(近所に住んでいるので。笑)を誘って3人で行ってきたのですが、下町の情緒と若いオーナーさんの感性、食事の美味しさ、全てのバランスが絶妙で良かったのです。

ブログ等でレビューされている方が多いので、知る人ぞ知る和カフェの名店だと思うのですが、ブログを読む限り「甘味処」としての評価が目立ちますね。たしかに甘味も美味しいのですが、このお店の釜飯も絶品です。種類も多いしボリュームも程よく、価格も良心的。何より体に優しい食材を選んでいる感があって、このお店のオーナーさんの姿勢が伝わってきます。空間も気を衒わず、シンプルに設えていて好感が持てます。何より食事と空間、おもてなしの部分が三位一体でちょうど良くて居心地が本当に良いのです・・・続きはmoreで

R0012655.jpg

R0012651.jpg

R0012653.jpg

R0012650.jpg

R0012658.jpg

R0012659.jpg

いいお店は、やっぱり空気感・・・すべてのバランスというか、食事美味しさ+食事を愉しませてくれる空間+ホスピタリティの総合力だとつくつく思います。それぞれが補完しているし、どれかが突出するよりもバランスとして成立しているお店の方が、結果的に息の長いお店になる様な気がするのです。言うのは簡単ですけど、外でご飯を食べる、甘味を頂くにしてもその行為そのものが「楽しむ事」ですし、大切な時間な訳ですから、その時間を過ごして満足できたかどうかが良いお店の基準なんだと思います。これは食に限った事ではないですよね。

R0012675.jpg

R0012664.jpg

ちなみに食事が終って満足した後は、林くんのカメラで写真大会(笑)。ちなみに悠乃嬢が撮っているのはサクラアイスのあんみつ。写真を快く撮らせてくださったスタッフの方に感謝です。。

北斎茶房

最寄り駅
* 錦糸町 /菊川(東京) /本所吾妻橋

住所 〒130-0014 東京都 墨田区亀沢4-8-5 [地図]
電話 03-5610-5331
定休日 火曜日・木曜日

営業時間
平日11:30 - 22:00
土曜日11:30 - 22:00
日曜・祝日11:30 - 22:00


2008年05月16日

Chanel Mobile Art TOKYO

Chanel Mobile Art Hong Kong
Chanel Mobile Art Hong Kong photo: dawvon
AttributionNoncommercialNo Derivative Works

今月の31日から7/4まで国立代々木競技場のオリンピックプラザ特設会場でCHANEL Mobile Artが開催されます。2004年のプリッカー賞受賞者で現時点では唯一の女性受賞者であるザハ・ハディドが手がけた移動式パビリオンによる世界6都市を巡る巡回展で、展示内容はシャネルの代名詞であるキルティングバッグをモチーフに世界中から集められた20組のアーティストが実際のバック制作工程を見学した上で自由にクリエーションするというものです。このパビリオンもキルティングで組んだように見えなくもないですね。。


2398225777_9a64cccef7.jpg
Chanel Mobile Art Hong Kong photo: dawvon
AttributionNoncommercialNo Derivative Works

現代建築における脱構築主義の旗手の一人で、キャリアの前半は手がける建築が実際に建たないなど、アンビルドの女王と呼ばれていた時期も有りますが、最近は毎年話題になる建築を提供しています。そんな彼女が手がけた建築(構築物?)が東京にやってくるとあって、建築・デザインをやっている人たちの間では話題になっているイベントなのです。

ザハ・ハディドが手がけた作品では、BMW Central Buildingが個人的に印象に残っていますが、有機的で生き物のようにも、オブジェのようにも見える作風は今回のパビリオンにも遺憾なく発揮されています。そんな中で「モバイル」というテーマをザハ・ハディドがどう繋げているのか興味が湧きますね。非常に楽しみなイベントの一つです。。

CHANEL Mobile Art ( OFFICIAL)
エキサイト×Mobile Art Tokyo

http://www.zaha-hadid.com/


博報堂スタイル | 発想職人のスピリット

r0012678.jpg

博報堂スタイル | 発想職人のスピリット。最近読み終わった本の一冊ですが、35年に渡って、コピーライターとして博報堂の制作部門を統括してきた著者が、「考える姿勢」をテーマに博報堂で実践してきた、普遍的な精神を1ページ毎読み切りで書かれている本です。著者が博報堂を通じて学んだ事、積み上げた事、実践した事が中心ですが、広告系のクリエイターだけではなく全てのクリエイターに共通する普遍的なテーマを扱っているだけに、非常におススメの一冊。

以下は個人的にとても響いたフレーズですが・・・

・あなたがいないと困る・・・という存在感がすべて
・いい眼を養うこと。 人の気配を感じること。
・課題解決にデザインが効く。
・伝統は革新の連続
・「モノ」を売るのではなく「意味」を売るのだ
・約束の無いプランニングは無い
・創造力より想像力
・期待を超えた、嬉しい裏切り

・・・このあたりが特に響きました。
「自分のスタイル」を持つ人が、最先端だ
 と帯タイトルがあるのですが、分かっているようで追求できていない事がいかに多いか、気付かされます。1クリエイターとしての心構え的な部分から組織論に通じる所まで網羅されている上、1キーワード1ページの読み切りもあって大変読みやすかったです。


2008年05月14日

人形町 cafe CAVE

カフェケイブ

税理士さんとの定例後の食事で人形町 cafe CAVEに行きました。去年からほぼ毎月欠かさずやっている定例ですが、事務所で毎月の収支チェックと施策を顧問税理士の前川くんからアドバイスしてもらっていて、その後食事をを兼ねて近所でちょっと飲む・・・そんな感じのささやかな会です(笑)。メンバーは前川くんとうちの悠乃ちゃんと僕の3名。食事する所はその場その場で決めていますが、今回は悠乃ちゃんセレクトのお店という事で人形町 cafe CAVEに行きました。。

R0012638.jpg

その名の通り、地下にもぐっていく様なお店なのですがイームズやカリモクのダイニングチェアーでセレクトされた素朴なお店で、オーナーの趣味がダイレクトに伝わってくるインテリア。食事はイタリアンで、アンティパストからピッツアまでボリュームがある典型的な男イタリアンでしたが、大味ではなくちょうどいい感じ。お酒もリキュール系から芋焼酎まで何でもある感じです。気になったのは金曜日なのにゲスト数が少ないことでしょうか?ランチもやっているようなので、初めての方はランチでチャレンジしてみても良いかもしれませんね。ちょっと分かりにくい立地なので、拡大マップを見ながら行かれる事をお薦めします。


人形町は、割と食事処は老舗が多い事もあって選ぶのに困るくらいなのですが、お酒が飲めるお店となると結構選びます。特にBarが少ないのはちょっと寂しいのですが、人形町のランドスケープとマッチした和カフェとかBarとかもっと沢山あっても良い様な気がします。最近だと事務所界隈の蛎殻町の方が面白いお店ができているのは、時代の流れなのかもしれませんね。。

文:平澤 太


カフェケイブ
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町6-8 秀明ビルB1

地下鉄日比谷線人形町駅 A4出口 徒歩3分 
都営浅草線人形町駅 A4出口 徒歩3分 
都営新宿線馬喰横山駅 A3出口 徒歩7分 
地下鉄半蔵門線水天宮駅 7番出口 徒歩10分 

TEL 03-5641-0506
営業時間
ランチ  月〜金 11:30〜14:00
ディナー 月〜土 18:00〜02:00
定休日:日・祝 


2008年05月11日

最近の出来事

R0012603.jpg

ここ最近の出来事をいくつか・・・


今進めているプロジェクトのデザインワークと平行しながら、所内の仕事を纏めて進めていました。具体的には先月末締め切りだった2009年度の新卒スタッフのエントリー&書類審査やこのウェブサイトの部分改装と刷新、インテリアプランナー協会の申し込みやコンパクトポートレートの刷新などです。ちょうどGWということもあって、GW前までに終らせておきたかったのですが、プロジェクトの仕事で追われた事とGWに高熱を出してダウンしてしまった事もあり、昨日ようやく片付きました。


2009年度の新卒スタッフは、先月末にエントリーの受付を終了して書類審査と面接を順次行なっていますが、前回(2007年)程求人告知を掛けていなかったにもかかわらず、予想を上回るエントリーを頂いてびっくりしています。ありがたいかぎりですが、やはりデザイン事務所の新卒募集はまだまだ少ないのか、応募書類を見てもその事に触れている応募者の方が多かったです。じっくり拝見させて頂いて、お互いに良い関係が築ける人を選びたいと思っています。


このウェブサイトの刷新について前にActivity Outlineでも触れましたが、全コンテンツのCMS化とCMS移行に伴うコンテンツ内容の見直しを行ないました。CMS化することで、バックデーターの管理と更新作業の軽減化が計れるのですが、CMSデザイナー林くんの協力を得て、無事終りました。見た目の部分はほぼ変わっていませんが、ショートスクロールで閲覧できるようになっています。今まではCMSを使ったコンテンツは2カ所(WorksとActivity Outline)以外残りはCSS+htmlで構成されていましたから、更新作業がかなり面倒だったんですね。またコンテンツの内容が増加すると帯のように長いページ(ロングスクロール)になり、閲覧しにくいとの意見を色々な方から頂いていたので早めに修正したかったのです。


コンパクトポートフォリオは、4年前に制作したものが底をついてきた事もあって最近手がけたプロジェクト中心に刷新しました。ロゴも和文タイプに変更し、ビジュアルの雰囲気もサイトや名刺などと一貫性を感じるものにしています。併せて名刺の方もFAX番号の変更に伴って修正しています。これから印刷に廻すので5月下旬には配布できるのではないかなと思っています。また5月より活動のフィールドを広げるために日本インテリアプランナー協会の会員になりました。今までこの手の活動にはかなり疎かったのですが(笑)、同業の方たちとの交流を増やしていく事で多くの刺激が得られ事を期待しています。

文:平澤 太

Page Top
Activity Outline