activity outline Top


2008年08月22日

WORKSページほか刷新

CAFE & BAR KIKORI -平澤太デザイン計画機構-

お盆前に完成した、CAFE&BAR KIKORIほかプレゼンテーションでのエスキースなどを数点アップしています。是非ご覧ください。

近況ですが、お盆明けからある駅ビル環境デザイン・ファサード計画に取り組んでいます。いくつかのプロジェクトと平行しますが、非常に楽しみな案件です。他にはプレゼンから参加する某菓子屋さんのショップデザイン、オフィスの受付スペースのデザインなど新規の案件、すでに進捗している案件など、全体として件数がありますが、幸いラップしているので業務的には余力があります。最近なかなかリサーチにいけていなかったので、余力のあるうちに新しい施設や展覧会など見に行ってみようと思っています。ついでに買い物も出来ますしね(笑)。。

平澤太


2008年08月07日

掲載誌のお知らせ

ブランディング・デザイン3 グラフィック社に掲載

グラフィック社から発売の「ブランディング・デザイン3」に弊所で企画デザインを担当した株式会社アッツCIが掲載されました。

コンサルティング会社や国内外のデザイン会社や有力デザイナーから寄せられた、企業戦略としてのブランディング・デザインの最新事例から約200例を精選して収録されており、コーポレートブランディングから商品ブランディング、さらにプロモーションへの展開、また既存ブランドの再ブランディングまで、アイデアとビジュアルに優れたプロジェクトについて、可能な限りのページを使い包括的に紹介しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。


弊所夏期休暇のお知らせ

8/12(月曜日)-17(日曜日)まで夏期休暇いたします。業務のご相談 (メールフォーム)は、17日以降に対応させていただきます。お急ぎの場合はメール post(AT)hirasawa-design.com にて承ります。なお、緊急の場合は事務所の代表電話にメッセージを残していただければ折り返しご連絡いたします。どうぞご了承くださいませ。


2008年08月03日

KIKORIのこだわり。その2

R0013115.jpg

R0013114.jpg

今回KIKORIを設計するにあたって、一番気を使った部分が「昼の顔と夜の顔が変化する事」でした。深夜営業するいわゆる「夜カフェ」の場合、昼間の陽光を浴びたときの風景と深夜のライティング中心の灯りでは自ずと様子が変わってきます。その中でただ単純に変化するのでは面白くない。そこで考えたのが照明を当てる壁面や発光するメッセージボーダーに色を持たせ、その反射照度で見え方が変わる事でした。

R0013113.jpg

R0013123.jpg

今回使用した色は4色。これに什器やイームズ、ラグ、ソファーなどのテクスチャーカラーが加わる事で「時間による光のうつろい」が楽しめる空間を目指した訳ですが、ベースとなる躯体色はオフホワイトなので、発光体の赤や前室の黄緑などが壁面や天井スケルトン面に写り込む訳です。昼間はどちらかというと、テクスチャーカラーに目がいきますが、夜になると一変しボーダーや躯体色に目がいきます。この変化を狙う為にカラースキームを厳密に決めていった訳です。最近だとLEDで輝度感を出して目を引かせる方法が当たり前になってきていますが、普通のハロゲンやキセノンやネオンを使っても面白い空間を創る事が出来ます。

R0013107.jpg

CAFEエリアとBARエリアは明確に分かれています。これはクライアントの意向に沿った形で、BARの経営者がプロデュースするCAFEという立ち位置と原点がBARにあることを暗示させるための仕掛けにもなっています。面白いのは、外部からカウンターに直接アクセスできるようにPヒンジドアで開放出来るようになっている事です。春や秋のような過ごしやすい季節では開放して「お店の臨場感が外に伝わる事」も狙っています。

R0013120.jpg

オリジナル什器も幾つか制作しましたが、このシェルフは表の突き出しサインと連動した、入り子デザインとしています。悠乃嬢渾身の力作(笑)。ディティール部分で僕も手伝いましたが、このデザインを気に入ってくれたクライアントの北村さんの鶴の一声でOKになった家具です。主にブックシェルフとして活用。この隙間が難しいのです(笑)。


Page Top
Activity Outline