activity outline Top


2008年09月24日

neilbarrett aoyama

neilbarrett14_500-1.jpg

個人的に大好きなファッションブランドの一つ、neilbarrett(ニール・バレット)の新しい旗艦店が、東京・南青山にオープンしましたね。以前あった南青山6丁目のショップが3丁目に移転したのが今回のショップで、ニールバレットとしては初の大型店。しかもインテリアデザインはザハ・ハディド。ショップデザインとしては世界で初めて手がけたとの事。彼女の建築は、シャネルのモバイルアートで既にお目にかかれていますが、常設する施設としてはこれが国内初。それにしても、ザハ・ハディドの国内初プロジェクトがショップデザインというのとてもビックリですね。

neilbarrett01_500.jpg

neilbarrett02_500.jpg

ザハ・ハディドが手がける建築やプロダクトは、流麗でオーガニックなラインを最大の特徴としていますけど、それをシェルフやVMDに活用すると上の様な雰囲気になる訳ですね。このブランドのデザイナーであるニール・バレットは、テーラーを営む家庭で育った事もあって、縫製やデティールにこだわった最高の着心地を提供してくれるファッションデザイナーですが、イギリス人ということもあってか、実直で奇をてらわないスタイリッシュなデザインが身上。その彼が、ある意味正反対のデザイン言語をもつザハ・ハディドを起用した所が、意外な感じがして面白いなと思いました。

流麗なフォルムの什器はすべてコーリアンによるもの。何とも贅沢ですが(笑)、幾つかのピースをつくり、現場で張り合わせ、張り合わせの部分をシームレス加工(つなぎ目を消すこと)できるコーリアンは、ザハ・ハディドの難しいラインを再現するにはうってつけ。週末、ぶらりといくつもりですが、コーリアンは大変重いので、床抜けないかなとか余計な心配をしてしまいます(笑)。沢山つかってそうですから。

とても楽しみになお店がまた東京にふえましたね。。

ニール・バレット青山店
東京都港区南青山3-17-6


2008年09月23日

諸々ありがたいなと。

R0013246.jpg

先々週末のことですが、顧問税理士の前川くんと定例のMTGの後に日本橋ぼんぼりへ。とても近いお店なのに結構久しぶりで、そんなこともあってか痛飲しました。ここの焼き鳥は絶品なんですけど、何より芋焼酎のラインナップが素晴らしく、宮崎地鶏にあったお酒をチョイスしてくれます。

R0013248.jpg

その後は、東京に来ている前川くんの弟子(?)で今は沖縄でアグー(琉球在来豚)の養豚業を営むヨギくんを無理矢理人形町に呼び出し、3人でアズールへ。初めて2階で飲んだのですが、僕自身相当酔っぱらっていたらしく、看板娘のエビちゃんの名前も忘れていた上に何飲んだか全然覚えていません(笑)。エビちゃんごめんなさい。ヨギくんの所のアグーは、順調に育っているようで来年には東京でお目にかかれそうです。楽しみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事の方は、幾つかの案件が相変わらずラップしている状態ですが、今年中に竣工する案件が1つで、残りは全て来年2月以降に完成します。大型施設、商業建築、ショップなどバラエティーに富んでいますが、進めている案件以外にも幾つかオファーを貰っていて、本当にありがたいです。気を抜かずに集中していこうと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今期のスタッフ採用のエントリーは全て締め切りました。応募してくださった方、本当にありがとう。今回は、過去の求人の反省点も踏まえつつかなり本気出して(笑)色々手を打ったのですが、その甲斐あってか応募総数(エントリー)も過去最高でビックリしています。お陰で今月はすべての週末が面接ラッシュで、大変でしたが今週で全て終り選考に入ります。選考の方法は、今までと180度視点を変え、デザインが本当に好きな人で、スキルと人間性のバランスの取れた人を採用するつもりです。適性検査を実施したのもそのためですが、これって凄いですね。僕自身も受けたんですけど(笑)、なるほどと思う事が多かったです。全体的にレベルは高く、成果物レベルで問題のある人は少なかったです。



2008年09月15日

気になるウェブ・デザイン

ジョイントセンターのウェブサイト・キャプチャー:Designcafe

コーポレートサイトとして、個人運営している「Designcafe?」を創りかえるに当たって、色々トライアルしながらまったりと進めているのですが(笑)、その中でデザイン面のベンチマークとしてチェックしているサイトを幾つか紹介します。上の画像は、インテリアデザイナー原兆英さんが主宰するjoint centerのキャプチャーです。とてもストイックに出来ているウェブサイトですが、CMSでコントロールしながらアクションスクリプトをさりげなく使っていて、技術的には目新しいものではないものの、必要な情報はトップページでFIXしていて、かつインターフェイスのデザインとしてここまでそぎ落とす勇気と言うか見せ方がカッコいいなと。

菅匡史建築研究所ウェブサイトのキャプチャー:Designcafe? blog

上の画像は菅匡史建築研究所ウェブサイトのキャプチャー。CMSにMTを使い、かなりリッチに仕上がっているウェブサイトです。アクションスクリプトは使い方によってセンスが丸出しになってしまうというか、善し悪しがはっきり出てしまう部分があると思うんですね。理にかなったモーションだと気持ちがいいのですが、このサイトは上手く処理されていてセンスを感じます。残念なのは、ちょっと重い事かな。

CMSでサイト運営をやると、あまりの使い易さにもとに戻れなくなる(笑)のですが、これからは少しリッチに創った方が良さそうですね。リッチコンテンツがページビューの呼び水になる事もあり得るのかもしれません。あくまでサイトの内容・・テキストだったり写真の美しさだったり、基本的な部分を押さえている上での話ですけど、これから創りかえるならやっぱりこれかなと思っています。。


2008年09月03日

人形町 柳家

人形町 柳家 平澤太デザイン計画機構 activityoutline

このActivity Outlineでも過去に書きましたが、僕が人形町近くに事務所を引っ越しした一番の理由は、老舗の飲食店が多くて情緒があるからです。お洒落な雰囲気とは程遠いんですけど、落ち着いた感じがあるんですね。老舗が多い人形町でも、特に有名なお店の一つが柳家(Map)。人形町の甘酒横町にあるんですが、鯛焼き御三家(他は麻布十番の“浪花家総本店、四谷見附の“わかば”)としても有名で、常に人が並んでいる様なお店。美味しいお店は並ぶのが常ですけど、炭火で7~8個を交互に焼いていくので並ぶ人数によっては結構待たされます。

人形町 柳家 平澤太デザイン計画機構 activityoutline

1個130円(値上がりしていました。笑)なので殆どの人が4~5個くらい纏めて買っていくのですが、たまに明治座帰りのおばちゃんが廻りを気にせず「30個ちょうだい!」とか大量発注(?)する人もいるので、待つのは覚悟しないといけません。肝心のお味の方ですが・・浪花家総本店が割りと王道のたい焼きでボリュームがあるのに対して、柳家さんのは食感がぱりっとしていてあっさり目。僕は柳家の方が好きですが、好みが分かれるかも。一度食してみると結構病みつきになる人も多いので、甘党でなくても人形町にお越しの際はぜひお試しを。。

Page Top
Activity Outline