activity outline Top


2010年05月21日

世界を変えるデザイン展 vol2

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
「水」関連のプロダクトの次に多かったのが、「エネルギー関連」のプロダクトです。薪や糞などの劣悪な燃料でも、煙の発生量を極力抑える事ができるクッキングストーブや環境に優しくコストコンシャスな燃料、夜間でも活動出来るように開発された太陽蓄電池型のLEDライトなど、食料を簡単に調理したり、効率的にエネルギーを集めたり、夜間行動の制限を解決するプロダクトも数多く展示されています。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
太陽光をソーラーパネルで集め、蓄電池に蓄電できるプロダクト。普通電池を繰り返し使える(エネループのソーラー版)なのでエコロジー。

R0013115.jpg
眼科に掛からなくても、自分で視力調整可能な眼鏡。

R0013118.jpg
マラリアを予防するための蚊帳。蚊を殺虫する薬剤が繊維に練り込まれている。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
これは、妊婦さんが自分自身で出産出来るように必要な道具をパッケージ化したキット。人の手を借りることが出来ず、出産しなければならない妊婦さんが世界中には沢山いるとのこと。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
乳幼児の体温を暖める(保温)する為の寝袋。乳幼児の死亡率が発展途上国では問題になっていますが、このプロダクトは高地で生活する人々向けのもの。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
自分達で制作出来るように設計された義足。義足のコストはアメリカで8000ドルするそうですが、この義足は100ドル以下で提供するために、簡易な構造で自分の手で制作できるように配慮されています。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
発展途上国の情報弱者を対象にしたPC。無線LAN装備で、屋外の使用に耐える設計になっているとのこと。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
1台のPCを複数の人たちで同時シェアする為のキット

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
小さな黒板。これは日本製で、主にカンボジアに向けて提供されているもので、子供達の学習ノート代わりに使用するもの。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
遊具。子供達は「仲間内の遊び」の中で、社会性を学んでいきます。それを手助けする為の遊具は、現地にあるもので調達出来るもので作られるように配慮されています。

関連の記事:
世界を変えるデザイン展のプロダクト
世界を変えるデザイン展 vol1
世界を変えるデザイン展 vol2


2010年05月20日

世界を変えるデザイン展 vol1

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

以前のエントリー"世界を変えるデザイン展のプロダクト"でも書きましたが、東京ミッドタウン デザインハブで開催している「世界を変えるデザイン展」を見に行って来ました。発展途上国で生活している人々が直面している、さまざまな問題や課題を解決してきたプロダクトを「デザインの視点」で紹介するエキシビションです。東京ミッドタウンとアクシスギャラリーに分かれて展示されていますが、第一回目(複数回に分かれて開催される)の今回は「現地の人々の生活視点や発想」を原点に、両方の会場合わせて80点のプロダクトデザインとプロジェクトを紹介しています。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構
展示の前に、世界の現状を知ってもらう為の色々な統計のフローチャートが展示されているのですが、実際のプロダクトを見る前に「予備知識として」世界の様々な国と日本を比較したグラフが見られます。これを見ると、日本と比べてその国が摂取している水の量であったり、識字率であったり、道路舗装率(敷設率)であったりがどの程度のレベルで、それがもたらす影響や問題をわかり易く解説しています。日本を比較に置いているのは、日本人の生活の中での「当たり前」が出来ていない事で様々な問題を引き起こし、それが連鎖して解決を困難にしている状況を理解し易くする為です。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

展示の前半は「水に関連」するプロダクトの展示。その殆どは、安全な水を確保する為に開発されたプロダクトですが、個人が携帯するタイプのものから、一家庭の一週間分くらいの水を確保出来るものまで様々で、中には山岳地帯などの「水そのものが確保しにくい場所で霧のつゆを集めて飲み水を確保するネット」まであります。水が不足しているというとインドやアフリカ諸国をイメージしますが、そういう国だけではないんですね。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

安全な飲み水は確保出来ても運搬手段が劣悪だと、重い水を運ぶ事で体の障害を負ってしまう事がある訳ですが、タンクそのものを転がせるようにする事でそれを解決するプロダクトもあります。

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

世界を変えるデザイン展|平澤太デザイン計画機構

また、農作物の生産性を上げる為の「水のアクセスを解決する」プロダクト等もあって、最小限の材料で簡単に制作出来る足踏みポンプや簡易灌漑システムなど水に関わる諸問題を解決している実例が、そのプロダクトの展示とともに解り易く解説されています。

続きはVol2で

世界を変えるデザイン展のプロダクト
世界を変えるデザイン展 vol1
世界を変えるデザイン展 vol2


2010年05月02日

上野公園〜活版凹凸フェスタ

上野公園|平澤太デザイン計画機構

上野公園|平澤太デザイン計画機構

今日は午前中に、上野公園で法隆寺宝物館を見学して、その後鴬谷の日展会館で開催している「活版凸凹フェスタ2010」を見に行ってきました。活字版印刷術(タイポグラフィ)だけにとどまらない 「ファイン・プレスの祭典」といっても差し支えないトレーディングイベントになっていて、小型卓上活字版印刷機 Adana-21J と活字を用いた、楽しいワークショップが開催されたりしています。

鴬谷の日展会館で開催している「活版凸凹フェスタ2010」を見学|平澤太デザイン計画機構

鴬谷の日展会館で開催している「活版凸凹フェスタ2010」を見学|平澤太デザイン計画機構

鴬谷の日展会館で開催している「活版凸凹フェスタ2010」を見学|平澤太デザイン計画機構

鴬谷の日展会館で開催している「活版凸凹フェスタ2010」を見学|平澤太デザイン計画機構

5月2日(日)の限定ワークションプで、活字版印刷機Adana-21Jを使った、昔なつかしい厚手のきっぷの印刷を体験。また、別のコーナーではメッセージカードの2色+メッキ付の印刷を体験出来ます。活版印刷機での印刷の原理が理解出来て素人目にも楽しいワークションプ。グラフィックデザイナーは、表現の一環として活版をトライしている人も多いと思いますが、僕みたいに原理くらいしか知らない人にはとても新鮮。

あの独特の刷り感、エンボス感は活版でないと味わえないし、オンデマンドが復旧している今だから、却って活版の良さを再確認する事もあると思います。ちなみにうちの事務所でも以前、活版で名刺を作ってもらった時期がありますが、評判が良かったです。個人的にはグリーティングカードや年賀状は活版でつくろうと思っていて、その知識をを得るのが目的。でもタイポグラフィーが好きな人ならいるだけでも楽しめると思います。興味のある方はぜひ。


活版凸凹フェスタ2010
会 期 2100年5月2日(日)-5日(水・祝)
10:00-17:00(最終日は16:00まで)
会 場 日展会館 2F イベントスペース 東京都台東区上野桜木2-4-1
    http://www.nitten.or.jp/
主 催 朗文堂 アダナ・プレス倶楽部 
    http://www.robundo.com          
    adana@robundo.com
タイポグラフィー学会のお知らせはこちら



2010年05月01日

居抜き物件情報|横浜西区のカフェ

IZM_8788.jpg

IZM_8959.jpg

R0013076.jpg


物件形態:居抜

横浜西区(浅間下交差点近く)のカフェ&バーの居抜き物件です。移転計画があるため、居抜きでの造作譲渡を検討しています。居抜きでカフェ&バーをされたい方で居抜きOKの方向けです。2008年8月にオープンの築浅物件。この物件は当方が設計させていただいた物件で、今回はオーナーよりいたくされる形でご紹介しています。


広さ18坪、カウンター含め30席、冷暖房完備、厨房一式、家具(スタルク、イームズアームチェア、カリモク等)一式。特徴としては2面開口の明るい店内で、オープンサッシュのため窓を全部開放して営業する事が可能です。


条件:不動産は、別途賃貸借契約が必要で下記の通りです。下記は今までの賃貸契約ですので留意ください。

家賃:225000円
引き渡し時に保証金、前家賃含めた12ヶ月分必要。
上記に含まれている仲介手数料1ヶ月分は交渉になると思います。

造作譲渡費用:450万円
内装造作、家具、冷暖房、厨房機器等の設備も含む

※写真の状態をそのまま譲渡するということです。
※譲渡金額は個人間のやり取りの場合のみです。
※他業態への変換可能かどうか、厨房設備等の確認は応相談。

本件情報は、他でも出している為、早い者勝ちです。
情報締め切りは2010年5月14日(金曜日)まで。

お問い合わせ先 → 平澤太デザイン計画機構 平澤まで
アドレス→ info(at)designcafe.jp
(at) を@に置き換えてください。
なおメール以外でのお問い合わせはご遠慮ください。

Page Top
Activity Outline