スタジオコンセプト

R0012300.jpg


2011年、設立7周年を迎えました。
設立当時と今では社会の情勢も複雑に多様化し、混沌としているように感じます。多様化している、これからのコマーシャルデザインは、質的な豊かさや文化を基準に見直していく必要があります。人々のマインドが多様化している故に「今の時代だからこそ必要とされる価値観」をデザインとして必要かどうか見極めていかないといけません。同時にデザインには人の情緒に深く関わっていく力を持っています。問題解決だけを求めるような、排他的で間口の狭いものではありません。私たちはデザインを通じて、時代と共に変化するコミュニケーションの形態とアクティヴィティーの関係性に着目しながら、情緒豊かな環境創造に貢献していきたいと考えています。

Building and space design has a fundamental and deep connection with people’s emotions, and is not merely a narrow and exclusive means of solving particular problems.
Through design, we hope to give attention to the relationship between forms of communication which change through time, and activities, and thus contribute to the creation of an emotionally rich environment.

平澤 太 / Futoshi Hirasawa
June /2011 Tokyo


Introduction