3つのデザインポリシー

私たちは、3つのデザインポリシーを軸に建築や空間デザインに
取り組んでいます。

Emotional Insight - 情緒的な洞察力

Objective Aspect - 客観的な視点

Flexible Choices - 柔軟な選択肢

私たちは、いかなる対象のデザインに対しても、その背景にあるものや歴史や文化など深く考えます。その中で本当に必要な形を誰にでもいかなる状況下でもわかりやすく提供できる事が、優れたデザインであると認識しています。そこに至るまでには、幾つかの選択肢が潜みますが、客観的に判断し最も優れた提案をすることが使命だと考えます。特にコスト面に対しては、安価=最良とは限らず、建築や空間など使用する状況で柔軟に考える必要性があります。バランスが大切になりますが、そのバランスを支えるのは客観的な視点です。私たちはクライアントの皆様と共に、このデザインに対しての課題、必要とされる目的を一緒に考えます。


Introduction